「ファッションが教えてくれること」あらすじ&感想

最近暗いのばっかり見ていたので、久々に華やかな映画を♫

作品情報

ファッションが教えてくれること
(原題:The September Issue

制作:米国、2009年
監督:R. J. Cutler(米国、1962〜)
メモ:米国VOGUEの編集長アナ・ウィンターと編集部に密着したドキュメンタリー映画

あらすじ

舞台は2007年の米国VOGUE編集部。「プラダを着た悪魔」の鬼編集長のモデルにもなった超有名編集長アナ・ウィンターと、アナの右腕グレース・コディントンを始めとする編集部一同は、9月号で過去最高の売上を出すべく気合いを入れる。
グレースは自身の得意分野である素材やクチュールでベストを尽くすが、お気に入りの写真をアナに却下されてご立腹。表紙を飾る女優シエナ・ミラーの撮影にも波乱が起こりそうな予感…!

『ファッションが教えてくれること』 予告篇

ファッション業界の女王アナと右腕グレースとの、妥協のない熱いバトル⁈

わたしはファッションフリークではないけど、やっぱり華やかなVOGUEを開くと気分が上がります!

雑誌に掲載されるゴージャスなファッションアイテムや写真を最終的に決定するのが、ファッション業界の頂点に君臨するアナ・ウィンターです。

1年で最も重要な9月号(September issue)に全身全霊をかける編集部の奮闘が熱い

原題のThe September Issueとは、雑誌の9月号のこと。
一般人のわたしは「なぜ9月号?」と疑問に思ったんですが、映画を見ると、この9月号がファッション雑誌にとって最も重要であることが分かります。

各ブランドの秋冬コレクションが発表された後の9月号は1年で最も多くの広告を掲載するので、そのボリュームが凄まじいことになります。
この映画の中で作成されている米国VOGUEの2007年9月号は、最終的に約2kgになったそう。何だそりゃ(笑)

掲載することがいちばん多いということは、編集部としては当然いちばんの売上を目指します。要するに、いちばん気合いが入るわけです。


邦題を見た段階では、アナのインタビューや日常がメインで、仕事論や人生論を聞けるのかな?と予想していました。
が、この映画のメインはあくまで、9月号完成までのVOGUE編集部の奮闘。特に、多くの特集を手がけるグレース・コディントンの仕事ぶりに多くを割いています。

イヴ・サンローランのような超有名ブランドのデザイナーすら恐縮してしまうくらい、影響力の大きいアナ。
冒頭でその凄さや、有無を言わさずスパスパと取捨選択をしていく様子が描かれているので、「この人の下で働くのはキッツイだろうなぁ」と思わずにはいられない(笑)

アナの仕事ぶりを見せつつ(彼女のファッションも要チェク)、編集部視点が多くなっているので、一般の人でもしっかり感情移入しながら楽しめるようになっています。

アナのVOGUEを支えるグレース・コディントンが魅力的!

この映画の実質的な主役ともいえる、グレース・コディントン
クリエイティブ・ディレクターとして、アナと共にVOGUEを作り上げてきた重要人物です。

ウェールズ出身の彼女は、10代の頃からVOGUEに夢中だったそう。
17歳で英国VOGUEのモデルとなり、表紙を飾るなど活躍しました。しかし、26歳のときに交通事故に遭い、顔を損傷してしまいます。その後、英国VOGUEの編集部を経て、1988年から米国VOGUE編集部に入りました。
(※2016年にVOGUEを辞め、様々なプロジェクトに参加しています。)

彼女の魅力は、カメラの前でも喜んだり怒ったりする表情の豊かさ
自分のお気に入りの写真をアナに却下されたときには、「信じられない」とご立腹の様子。カメラマンに愚痴る姿がなんともかわいい!
グレースは、担当する特集ページの撮影現場ではモデルのスタイリングなどもし、ポージングのアイデアも出します。このときは本当に楽しそう。

よく愚痴ったり怒ったりしているので、アナに信頼されているとはいえ、アナの下で働くのは容易ではないことが伝わってきます。

それでも、なぜグレースは長い年月をVOGUEに捧げるのか?なぜアナの信頼を勝ち得ているのか?
彼女が仕事中に見せる喜怒哀楽とプロ意識に、一流のクリエイターであり続けるヒントがたくさん隠されていました。

まとめ

「世界のトレンドを決定する」と言われるほどの絶大な存在であるアナ・ウィンター。
彼女の仕事ぶりとファッションを見るだけでも刺激的ですが、VOGUEが作られる撮影現場などの裏側を見られるのも興味深いです。

そして何より、グレース・コディントンの魂のこもった仕事に敬意を!

ちょっとした話

この映画では、(仕事が多すぎて)プライベートはあまり明かされなかったアナ・ウィンター。
でも、予想してたよりは鬼ではなさそうという印象でした(笑)

この動画を見れば、彼女の素顔が少し垣間見れます。
とにかく、全身黒のコーディネートは厳禁ですね(笑)

VOGUE編集長アナ・ウィンターに73の質問 ─ 許せないファッション、仕事で一番大切なこと。| 73 Questions | VOGUE JAPAN

コメント

タイトルとURLをコピーしました