全編PC画面⁈「search/サーチ」感想&ネタバレ

11月のファーストデーで、気になっていた映画をチェック!
風邪でダルいのに耐えてよかったー。

作品情報

search/サーチ(原題:Searching)

制作・公開:米国、2018年
監督:Aneesh Chaganty(米国、1991~)
メモ:全編がPCやスマホの画面だけで展開していく、時代を象徴する新しいサスペンス。サンダンス映画祭2018で観客賞を受賞。

あらすじ

デビッド(John Cho)は、2年ほどの前に妻のパム(Sara Soh)を亡くし、高校生の娘マーゴット(Michelle La)とふたりで毎日を過ごしていた。しかし、ある日マーゴットが忽然と姿を消す。行方不明事件としてヴィック捜査官(Debra Messing)が操作を指揮するが、家出なのか誘拐なのかも分からない。自らもマーゴットの捜索に乗り出すデビッドだが、娘のSNSを辿っていくと、知らなかった娘の姿が浮かび上がり―

映画『search/サーチ』予告(10月26日公開)

登場人物

デビッド・キム(ジョン・チョー)
カリフォルニア州サンノゼに暮らす。妻パムを癌で亡くしたが、なるべく思い出さないようにとPC上のデータを見ないようにしたり、娘マーゴットともパムの話をするのを避けている。周囲には娘との仲は良好と話しているが、マーゴットの足取りを追うにつれ、知らなかった娘の姿に動揺する。娘が見つからない焦りから次第に取り乱していく。

マーゴット・キム(ミシェル・ラー)
16歳の女子高生。学校の友達との勉強会のあと、デビッドに3回の不在着信を残して失踪。父デビッドには学校でうまくやっているように話していたが、実際は友達がいない。好きだったピアノのレッスンも隠れてやめており、デビッドから受け取った月謝を貯め込み、失踪前に全額送金するという謎めいた行動をとっていたことが分かる。

ローズマリー・ヴィック(デブラ・メッシング)
マーゴット失踪事件の担当捜査官。マーゴットと同じ年頃の息子がいる。出所後の受刑者の更生支援などにも携わり、表彰を受けるほどの優秀な捜査官。当初はデビッドと共に捜査を進めていたが、次第にマーゴットの犯罪関与を疑い始め、取り乱したデビッドに対して捜査関与への禁止を通告する。

ピーター・キム(ジョセフ・リー)
デビッドの弟。ハッパを吸うのを好むようなラフなタイプの独身男性。兄を心配しているが、マーゴットと秘密のメッセージのやり取りをしていたことがバレてしまう。

予想外に退屈しなかった!(笑)斬新な見せ方に脱帽の一作。

「100%PC画面でストーリーが展開する」というキャッチコピーのこの映画。

単純に、面白かった!です。

映画は、デビッドが新しく買ったパソコンをセットアップするところから始まります。この1台のパソコンの画面だけで、マーゴットの成長とパムとの別れが一気に描き出される。圧巻だった!

それに加えて、成長記録やスケジュール管理、SNS、ビデオ通話…生活のほとんどでパソコンやスマホを使っていることを再認識させられる。

ここでは怖さを感じなかったけど、マーゴットが失踪した後にデビッドがSNSをチェックしまくる姿を見て、うわーこれはキツい!と思った(笑) 特に秘密はなくても、自分の生活に土足で踏み込まれてる感じがするんだよなぁ。オンラインと実生活がごっちゃになっているのかも…

正直、観る前は「全部画面上で展開するって、退屈しないかなぁ」と不安があったんだけど、杞憂でした。

フェイスタイムやニュース、YouTubeの映像も効果的に組み込まれていて、予想してたよりかなり動きとスピード感を感じられた。逆に、中途半端に実世界のシーンが混ぜられたら、一気に陳腐化してしまうんじゃないかと思う。それぐらい「画面上でのストーリー展開」が作り込まれていて、すっかり引き込まれちゃいましたねー。

ストーリーだけを抜き出してみると、「失踪した大事な人の行方を追っていくうちに…」という、よくあると言えばよくある話。なんだけど、マーゴットのSNSを通して彼女を見ていたせいか、すっかり知り合いのような気分になっていたことに気付く(笑)

マーゴットお気に入りの湖から彼女の車が見つかったり、婦女暴行罪で服役していた元受刑者が「彼女を殺して湖に捨てた」と告白したり…そのたびに「オーノー!マーゴット!」とデビッド並みに頭を抱えたくなった。普段はこんなに登場人物に感情移入しないんだけど(笑)

粗削りな部分を考えても、なかなかスリルとスピード感のあるサスペンスでした!DVDが出てパソコンで見たら、変な気分になりそうだなぁ。

それにしても、1回事件に巻き込まれたらあることないことネットに書き立てられるんだと思うと、慎重に生きないといけない時代ですね…

ちょっとした話

本作で劇場公開映画デビューを果たした監督アニーシュ・チャガンティ―。弱冠27歳のホープです。
23歳のとき、Google Glassだけで2分半の映画Seedsを作製。YouTubeで1日に100万超のヒットを記録し、注目を集めました。その後はGoogleにスカウトされ、CM制作などに携わっていたということ。

本作のオファーを受けたときは「長編は無理!」と考えていたものの、冒頭のアイデアを思い付いてチャレンジしたとのこと。今後が楽しみですね!

'Seeds' – a short film via Google Glass by Ginger Times

コメント

タイトルとURLをコピーしました