「SAW」(1/2/3/4/5/6/FINAL)

昨日今日で1からFINALまで全部観ました。

確か私が最初にSAWを観たのは、「チャッキーの種」を観た日(どんな組合わせで映画観てんだ)。しかも1が店になかったから2を観た。
それまではただのグロ映画だと思ってたんだけど、なかなか奥が深いというか、練られてるんだなぁと知り、今回全作マラソンをしたという経緯。

グロすぎて痛すぎて夢に出てきそう…とか言ってみたいところだけど、最後の方に向けて罠がどんどん大掛かりになっていき、現実味がなくなっちゃうのね。こういう風にしたら体はこうなるのかぁ、て思う程度。1とか2のほうが痛そう!て思う。て、自分が焼かれたりするのは勘弁だけど(笑)

1から4までは「おぉ!また騙されてた!」というワクワクがあったんだけど、5以降はただの殺戮ゲームみたいで飽きた。いや、一気に観てるから飽きたってのもあるか…にしても、「やっぱりジョンが生きてないとダメなのね!」って感じ。もともとグロ耐性がある人は、FINALはかなり退屈だと思う。大した話の展開もないし、目新しい罠もない。というか、1から観てる人なら全て予想の範囲内なんだよなぁ。

さっきも言った通り罠がすっごく大掛かりになってくるから、飽きたら「誰がこんなの作るんだよ(笑)」と仕掛けを作っているところを想像してみましょう。笑えてくるから。あと、広報担当が友近に似てると思った。

ほんとに、途中まではサスペンスっぽい要素もあって良い作品だったのに、最後にドドドっとコケてしまったいい例ですね。何も収拾ついてないしね。

1を観る限りこの作品はグロ推しじゃなかったと思うんだけど、グロばっかり取り上げられちゃって方向性を間違ったんじゃないかな。と思うのは私だけ?グロ好きな人はこれで満足なのかしら…

あ、グログロ言ってすみません。
次はベルばらでも観ようかな、評価高いから(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました