最適な財布を見つける旅・完結編

皆さん、いかがお過ごしですか?

わたしは今、胃腸の絶不調も過ぎ去り(まだ完全ではないけど)、そして急激にご機嫌モードに入っております。

なぜなら、引越しするから!!きゃー!!(何)
引越しといえば!断捨離のベストタイミング!きゃー!

ということで、ムズムズを抑えきれず早速断捨離です。

まずは、ずーっとしっくりきてなかったお財布。

f:id:ailovehide219:20180519140340j:image

上はAnya Hindmarchの二つ折り。下はVivienne Westwoodの長財布。
アニヤの二つ折りはとってもとーっても気に入っていて、飽きっぽいわたしにしてはかなり長く、5年以上使っていました。今も好きな気持ちは変わりません(何)

Vivienneの長財布も、内張りがポップでお洒落で、使いやすいし、触り心地もよくて、愛用してました。
どっちも好き。でも何かが違う…。

というのも、「身軽になりたい!」という目標には、ちょっとそぐわないんですよねぇ。
バッグを完全に小さくできない…そこだけ少し、でもモヤモヤと気になっていました。

そこで、ちょっと立ち止まってみる。

なぜ大きい入れ物(財布)が必要になるのか?

それは、中に入れるものの量が多いから!ですよね!

ということで、お札+小銭を少なくして、たまに使っているデビットカードをメインにすることにしました。

そして、辿り着いた最初形態はこちら!

f:id:ailovehide219:20180519141737j:image

左の青いのは、お札とカードを入れるための無印の財布。右のキラキラは、姉からの誕生日プレゼントの小銭入れ。

しめて、990円!わたし史上最も安い財布(笑)

無印のトラベル用ウォレット、一時的に小銭を入れるスペースもあって、とても良い。小銭で払えるものは小銭入れで済む。

ちなみに、無印ウォレットに付いてるキーホルダーは、IDEEで一目惚れした真鍮のライオン様です。青に合ってかわいい( ´∀`)

結果的には、「入れるものを減らす」というミニマリストの基本に立ち返ることで、お財布のミニマル化が完了しました。

カード払いはちょっと…という人も、色々工夫して考えてみると、新しいアイデアが生まれるかもしれません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました