LIFE PACKING 2.1(高城剛、2016)

気温がグングン上がって溶けそうな日々が続いていますが、みなさんお元気ですか?
わたしは、そろそろ今借りてる部屋の更新時期ということで、俄然テンションが上がってます。なぜって?

もっとコンパクトな部屋に引越す絶好の機会だから…!ふふふふふ!

え、頭おかしいんじゃないかって?

そんなことは断じてありません。何かを極めようと突き進んでいるとき、そしてレベルアップの予感がしたとき、ニヤニヤが止まらなくなるのは人間の性でしょう?引越しを機に、本格的に洋服の制服化をしようか検討中なわけです。あ~やばい、想像しただけでニヤニヤしちゃう。

ということで、ミニマリストの極みとも言える高城剛さんの新刊です。前作より変態っぷりに磨きがかかっています。もはや雲の上の存在…

だって、「ちょっとした海外旅行なら手ぶら」らしいよ。

ジョギング用のウエストバッグと、紙袋に入れたドローン。手荷物検査場での姿を思い浮かべると超シュール。絶対ガン見しちゃうわ。

長期間の海外旅行でも、大きいバックパックやキャリーバッグは使わず、吉田カバンの10Lリュック。わたしなんて、1週間程度の海外旅行用に30Lのバックパック買おうとしてたのに…このレベルの違い…!

わたしも将来的にはホテル暮らしを目指しているから、早いうちから基準値高めで断捨離を終わらせなければ。まだまだ道は長いな…

前作よりも高城さんの「好きなもの」に絞り込んだ感が強くて、ここまで自分の価値観がはっきりしてると生きてて楽だろうなぁと感じた。専門的すぎて意味プーなガジェットやドローンの中でも、SONYのJust earはめちゃくちゃ欲しい!

今回も色々と参考にさせていただきます(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました