貴志祐介 「新世界より」 (講談社)

私の大好きな貴志氏の最新作。上下巻なんだけど…とにかく厚い…でも、文庫本になるまで待てないからハードカバーで買った。読むの大変だったけど、大満足なので文句は言わない。

なんたって、貴志氏の文章には無駄が無い。全ての展開に意味があるし,無駄に格好つけた文章がない。そして語彙の多さ!! 頭が下がります。良い本というのは、概して無駄がないと思う。貴志氏に限らず。

「新世界より」は時代設定が現代ではないから、最初は設定を頭に入れるのに少し苦労した。ずーーーーっと未来の人々の話で、彼らは「呪力」を使えるようになっている。えらくファンタジーみたいな話だなぁと思った。

貴志氏の凄いところは、最終的には現代の私たちにきちんと問題提起をしているところ。SFのような設定にしても、私たちに繋がっている。今回も深く考えさせられた。

★他の貴志祐介に関する記事★
極悪鳥になる夢を見る(2013)
鍵のかかった部屋(2011)
悪の教典(2010)
狐火の家(2008)
硝子のハンマー(2004)

コメント

タイトルとURLをコピーしました