中村文則の熱意が溢れる小説『教団X』レビュー

いやはや。最近バイオレンスやサイコものばっかりだと気付きました。
トップページの色彩が濃いというか重い(笑)

今回は、指導者がサイコパスであることが多いと言われるカルト教団のお話です。

作者概要

中村 文則(なかむら ふみのり)

1977年愛知県生れ。福島大学卒業。
2002年『銃』で新潮新人賞を受賞してデビュー。2004年『遮光』で野間文芸新人賞、2005年『土の中の子供』で芥川賞、2010年『掏摸(スリ)』で大江健三郎賞を受賞。同作の英語版“The Thief”はウォール・ストリート・ジャーナル紙で“Best Fiction of 2012”の10作品に選ばれた。2014年、日本人で初めて米文学賞David L. Goodis 賞を受賞。
他の著作に『悪意の手記』『最後の命』『何もかも憂鬱な夜に』『世界の果て』『悪と仮面のルール』『王国』『迷宮』『惑いの森』『去年の冬、きみと別れ』『A』『教団X』がある。

作品概要

教団X

発行:集英社、2014年(2017年に文庫化)
ジャンル:小説
メモ:作者が「最高傑作にしよう」と全力で作り上げた大作。怪しげな2つの集団の正体とは?

突然自分の前から姿を消した女性を探し、楢崎が辿り着いたのは、奇妙な老人を中心とした宗教団体、そして彼らと敵対する、性の解放を謳う謎のカルト集団だった。2人のカリスマの間で蠢く、悦楽と革命への誘惑。4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者の最長にして最高傑作。

文庫版裏表紙の内容説明より

熱意は伝わるもののイマイチぐっとこない、“大作”ならぬ“長作”

初の中村文則!と盛り上がっていたんだけど、去年あたりに読んだ『去年の冬、君と別れ』が彼の作品だったことを思い出しました。随分と雰囲気のちがう作品です。

本作以外はあまり注目してなかったんだけど、中村氏はたくさん賞を取っているんですねぇ。
すでに評価を得ていた作者自身が「最高傑作にしよう」と意気込んで書き上げたという本作を読んで、わたしは少なからず戸惑いを覚えました。

意気込み過ぎてスベったのか? それとも元からこんななのか?

え、こんな大作なのにつまらなかったの⁈

うーん、第1部はそこそこ面白かった。
というのも、第1部ではまだ真実が明らかになってないから、「どんな展開が待っているんだろう」というワクワクがあった。

ただこの「面白い」と感じた理由には、“カルト集団”というもともと興味を引きやすい題材だからという部分が少なからずある。

物語だけ抜き出してみると、登場人物のキャラクターは濃いように見えるけどどこかで見たような設定ばかり。それぞれ行動の動機付けも薄い。「カルトにハマるような人たちってこんな感じでしょ」っていう、世間一般のイメージに頼って手を抜いている感じがする。

どれだけ読み進めても登場人物たちに人間性を感じられないから、いつまで経っても誰にも感情移入できず、2人の教祖、松尾と沢渡にもカリスマ性を感じない。ただの性欲異常ジイさんにしか見えない(笑)
「キャラクターにリアリティがない」ことが、物語の動き出す第2部に致命的なダメージを与えてしまいましたね。

薄っぺらになった原因は何だろうね。

連載を続けているうちに欲が出て、展開も思想も盛り込み過ぎたのでは。

第2部はもうしっちゃかめっちゃかですよ。
物語そっちのけで、作者の政治観や倫理観が炸裂します。しかも主要キャラを通じてではなく脇役を通じて。「すみません、熱い演説を繰り広げているその人誰ですか」って感じでした(笑)

湊かなえの『ポイズンドーター・ホーリーマザー』でも思ったんだけど、自分の主義主張を小説内のキャラクターにそのまんま語らせるのやめてほしいなぁ。
楽チンだろうしさぞ気持ちいいんだろうけど、ダサすぎて興醒めします(苦笑)

作者のあっつい演説が幅を利かせているせいで、もはや物語らしい物語は特にありません。

松尾と沢渡のジジイは別にして若い男女を4人も主要キャラに据えながら、特に誰がどうなるわけでもない。いや変化はあるんだけど、変化の仕方が微妙すぎてカタルシスがない。
キャラ設定が中途半端だから、話題てんこ盛りの第2部では描き切れなかったんでしょうね。教団と公安がどうなるとか自衛隊がどうなるとか、外部環境の大きな変化でごまかしてるつもりなら舐められたもんです。小説としては崩壊してると思います。

バカバカしい性描写も無駄に多いし…誉田哲也『月光』ほどウンザリはしなかったけどさ…。
効果的に性描写を使えるかどうかで、作者の腕の良さを測れるんじゃないですかね?(笑)

まとめ

この小説の良いところは、作者の熱意だけは伝わってくるということ。小説としてはかなり稚拙です。
ただのエンターテイメントとしては重すぎるし、読者を置いてけぼりにしすぎ。世界の光と闇を描く社会派小説としては薄っぺらすぎでした。

熱意がこもっているから良作、というわけではないのね〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました