ずうのめ人形(澤村伊智、2016)

最近は、紙の本に回帰している。特に長編小説は紙じゃないと、やっぱり読んでる感がない。

ということで、「ぼぎわん」でスンバらしい恐怖を提供してくれた、澤村伊智さんの比嘉姉妹シリーズ2作目を、丸善で衝動買いした。

今回のお題「ずうのめ人形」は、前回のぼきわんほど恐ろしくはなかった。得体の知れなさという点で、ぼぎわんには勝てない。

比嘉姉妹といっても、出てくるのは基本真琴だけで、闘いのシーンもアッサリめ。ドキドキやワクワク、ハラハラも、前回ほど感じなかった。まぁ、前回のインパクトが強すぎたしなぁ。

と思いつつも、1日で一気読みするくらいの面白さは十分にありますよ!

本作は、化け物ホラーというより、人間の闇から生まれるドロドロの呪いホラー。「リング」のパクりか…と思わず、最後まで読んでほしい。

それにしても、「ぼぎわん」映画化が気になる。どうなることやら…

コメント

タイトルとURLをコピーしました