本音で生きる(堀江貴文、2015)

ホリエモンの新刊! 相変わらずスッパリサッパリ爽快な読了感。

「逆にどうして本音言わないのか、完全に理解不能」

という本音から始まるこの本。単純に「本音を言う」ことから、「本音で生きる」こと、本当に自分の生きたい人生を生きることに話が繋がる。

本音を言うことは、本音で生きることに付随するものでしかない。

あとがきにもあるように、ホリエモンがいちばん大事にしているのは時間だ。1秒たりとも無駄にせず最高密度の人生を送るために、徹底して無駄を省く。周囲の目を気にして言いたいことややりたいことを我慢するのは、まさしく無駄だ。たかだか保身のためだけに、世間なんてものに支配されるなんて有り得ない!

ホリエモンの徹底ぶりに触れると、いかに自分が時間を無駄にしているかを痛感する。ゼロほどの威力はないけど、人生のPDCAサイクル組み立て直すのに十分なヒントを与えてくれる本だった。

★他の堀江貴文に関連する記事★

自分のことだけ考える(2018)
多動力(2017)
君はどこにでも行ける(2016)
竹中先生、「お金」について本音を話していいですか?(×竹中平蔵、2015)
ゼロ(2013)
お金はいつも正しい(2012)

コメント

タイトルとURLをコピーしました