LIFE PACKING(高城剛、2014)

家具を捨てたい欲求が高まり過ぎて、引越しの計画を立て始めた。今よりちょっと狭い部屋に引越す予定。

このまま物が減り続けたら、高城さんみたいに「生活をパッキング」できるようになるのかしらん…

というワクワクが止まらなくなる本。高城さんの持ち物をデイリーから3ヶ月旅行(?!)まで段階的に、写真で紹介している。

これは便利そう!と参考になるものから、いやこれは…と笑っちゃうようなものまで、自分ではなかなか探し当てられない物やアイデアがたくさん。持ち物を通して、高城さんが大事にしてることが分かるってのが面白い!

本当はあまり必要じゃないものを持ち歩いてる時点で、どうでもいい何かに囚われてるってことなのかもなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました